ワクチン順調も...“8月再宣言”京大西浦教授の試算

ワクチン順調も...“8月再宣言”京大西浦教授の試算

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/06/10
No image

動画を見る(元記事へ)

9日、東京都が確認した新型コロナウイルスの新たな感染者は、440人でした。

減少傾向が続いている一方で、京都大学の西浦博教授は気になる試算を明らかにしました。

東京で今月20日に緊急事態宣言が解除された場合、高齢者のワクチン接種が、7月末までにほぼ完了していても、若い世代などに感染が広がり、8月には緊急事態宣言が必要になるほど、病床が逼迫(ひっぱく)する恐れがあるということです。

(「グッド!モーニング」2021年6月10日放送分より)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加