「阪神園芸さんは頑張ってくれた」阪神-巨人 突然の試合終了もネットの信頼は絶大

「阪神園芸さんは頑張ってくれた」阪神-巨人 突然の試合終了もネットの信頼は絶大

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/07
No image

7回終了時にコールドゲームとなる(撮影・飯室逸平)

「阪神6-2巨人」(6日、甲子園球場)

七回終了、降雨コールドで阪神が勝利した。

七回、阪神・佐藤輝のあと少しで本塁打かという右飛で攻撃が終了。まだ甲子園が騒然としていた中で突然、試合が終わった。審判員が集まり協議を開始。そして、数分経たないうちに球審の橘高審判員が本塁ベース付近でコールドゲームを宣告した。

ネットでは「阪神園芸」が急上昇ワードでランクイン。試合開始から何度も土を入れてきた“スペシャリスト”に注目し、「頑張ってくれたんですが、これ以上は…という状態だったんですよね」「甲子園球場で阪神園芸さんがもうダメって言ったらもうダメなんだよ」、「阪神園芸さんは頑張ってくれた」、「阪神園芸さんのおかげで試合成立できた」と、ネットの信頼は絶大だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加