内密出産1人目の子どもの戸籍作成 大西熊本市長が会見

内密出産1人目の子どもの戸籍作成 大西熊本市長が会見

  • TKUテレビ熊本
  • 更新日:2022/05/13
No image

テレビ熊本

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

続いて、内密出産に関するニュースです。

熊本市の大西市長は13日の定例会見で、去年12月に初の『内密出産』で生まれた子どもについて、戸籍が作成されたと明らかにしました。

【大西熊本市長】

「就籍によって、お子さんの身分が安定したものになったということを、この場でお伝えをしたいと思います」

大西市長は、これまで個人の特定につながる恐れがあり公表できないとしてきましたが「個人の特定につながらない」として13日、その時期は明らかにできないとしながらもこの子どもの一人戸籍が作成されたと発表しました。

内密出産は、病院だけに身分を明かして出産する熊本市の慈恵病院独自の取り組みで、1例目となった子どもは去年12月に10代の女性が出産しました。

内密出産は日本では法制化されておらず、病院と熊本市は今年2月、協議の場を設置し生まれた子どもの支援に取り組んでいます。

内密出産をめぐっては、4月に2例目となる子どもが生まれたことが11日、発表されています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加