【熊本県天草郡苓北町】天草灘の美しい夕日!“絶景+非日常”を体感する「サンセットクルージング」開始

【熊本県天草郡苓北町】天草灘の美しい夕日!“絶景+非日常”を体感する「サンセットクルージング」開始

  • ママテナ
  • 更新日:2023/01/25
No image

熊本県天草郡苓北町は、4月から新たな観光商品となる「天草灘サンセットクルージング」を企画。海に沈む夕日と快適なクルージング、苓北町ならではの“絶景+非日常”を楽しめる観光プランだ。

天草灘に沈む、美しい夕日

No image

天草西海岸サンセットラインの起点となる苓北町は、天草灘に沈む夕日を観光の目玉として、これまでもPRされてきた。

このたび新たに、苓北町・富岡港と長崎市・茂木港を結ぶ定期船の代替船「KizunaⅢ」を活用し、陸からだけでなく海からも夕日を堪能でき、さらにダイナミックな富岡半島の絶景を体感できる非日常的な体験型プラン「天草灘サンセットクルージング」が開発された。夕日に照らされて移りゆく海の上で、茜色に染まる空と水面に包まれながら贅沢なひと時を過ごせそう。

「KizunaⅢ」は、小さな子どもから高齢者まで安全に乗船できる旅客船。オープンデッキで潮風を感じながら、快適なサンセットクルージングを楽しめる。ただし、乗船時にはライフジャケットの着用が必要だ。その他、クルージングの内容は「天草灘サンセットクルージング」サイトにて確認を。

プラン開発の狙い

No image

同町では、2022年9月の西九州新幹線の部分開業を好機と捉え、長崎を経由しての誘客を促進すること、観光客数の伸び悩みを解決を目指している。

No image

「長崎から一番近い熊本県」をアピールし、長崎を経由した福岡や関西方面からの新たな観光ルートを開発し、「食」やその他プランも組み合わせることで、滞在(宿泊)してもらいやすい環境をつくったという。

苓北町ならではの“絶景+非日常”を楽しんでみては。

■「天草灘サンセットクルージング」の概要

運航期間:3月~11月(8月14日(月)~16日(水)は除く) ※令和5年は4月より運航予定

出港・帰港:富岡港(無料駐車場あり)

受付:富岡港船客待合所(きずなステーション)内/熊本県天草郡苓北町富岡2711-47

定員:40名(最少催行人数1名)

料金(税込);1隻(1~12名)36,000円 ※13名からは1名につきプラス2,000円(40名まで)

オプション:観光ガイド乗船 1名5,000円

※予約締切やキャンセル料などの詳細は、「天草灘サンセットクルージング」サイトにて確認を。

天草灘サンセットクルージング:https://amakusa-kankou.com/%E5%A4%A9%E8%8D%89%E7%81%98%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%B0/

(鈴木 京)

mamatenna

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加