中盤強化目指すアーセナル、チェルシーも狙うブライトンMFに関心?

中盤強化目指すアーセナル、チェルシーも狙うブライトンMFに関心?

  • Football Tribe Japan
  • 更新日:2023/01/25
No image

モイセス・カイセド 写真:Getty Images

アーセナルが、ブライトン・アンド・ホーブ・アルビオンに所属するエクアドル代表MFモイセス・カイセド(21)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えた。

母国のインデペンディエンテ・デル・バジェでプロキャリアをスタートさせたカイセドは、2021年2月にブライトン入りすると、昨季はシーズン前半戦はベルギーのベールスホットへレンタル移籍。後半戦からブライトンに復帰を果たし、主力に定着すると、今季もここまでプレミアリーグ18試合に出場している。

そんなカイセドに対して、今冬に大型補強を敢行しているチェルシーが関心を示しており、移籍金5500万ポンド(約86億円)のオファーを提示したが、ブライトンがこれを拒否。そうしたなか、中盤強化に意欲的なアーセナルも同選手に関心を示しており、チェルシーに抵抗する可能性があるようだ。

なお、アーセナルは今夏のトップターゲットとしてウェストハム・ユナイテッドのイングランド代表MFテグラン・ライスをリストアップ。チェルシーも関心を示している同選手は、ミケル・アルテタ監督の下でのプレー望んでいることからアーセナル移籍を望んでいるとされている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加