NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
業務スーパーの「鶏油」が偉大すぎる!カップ麺に1滴垂らすだけで“プロ級の味”に

業務スーパーの「鶏油」が偉大すぎる!カップ麺に1滴垂らすだけで“プロ級の味”に

  • 女子SPA!
  • 更新日:2021/07/21

迷わず使い切れるのはどれ?

No image

いまや個人客にも大人気の業務スーパー

大量・激安でおなじみのスーパーと言えば、「業務スーパー(通称、業スー)」。

生鮮品から加工品、乾物、キッチン用品に至るまで、あらゆる業務用食材が激安で購入できることが魅力になっていますよね。

◆業務スーパーで名品を探し出そう!

No image

テレビ番組やネット上ではさまざまなオススメアイテムが紹介されていますが、お店で売られている商品はいつも同じではなく、日々成長・進化しています。

正直なところ、家庭用で購入する場合、すべての商品が理想的とは言い切れません。使いきれずに残ってしまったり、想像していた味とは違うことも。使う人の都合や好みによってアタリハズレが出てしまうのです。

そこで今回は、“絶対に後悔しない業スー名品の探し方”をテーマに、「第一弾!心配無用で使い切れる調味料」を選び方のコツと共にご紹介したいと思います(すべて税込価格)。

◆①銀の胡麻ドレッシング 399円

No image

神戸物産「銀の胡麻ドレッシング」1L 399円

はじめに紹介するのは、定番のごまドレ。

ごまといえば、リッチな風味が人気のせいか、“金”と冠がつく商品をよく見かけます。実際に業スーにも金は存在するのですが、私があえて推したいのは、“銀”なのです。え? 二番手? とイメージしがちですが、実はこの強すぎない個性感が、飽きずに使えるバランスにつながっているのです。

豆乳が入り全体的にさっぱりした味わいは、サラダ以外のどんな料理にもスルスルと使えてしまいます。刺し身や冷やし麺にかけて食べるのも良いですし、肉や魚に下味をつける漬けダレとしての活用も気に入っています。

昔、ある政治家が「2番じゃダメなんですか?」と発言して話題になりましたが、2番手の逸品ここにアリ! と声を上げて申し上げたいと思います。

◆②鶏油(チーユ) 321円

No image

「鶏油(チーユ)」270g 321円

炒めものや麺類、スープなどにプロ級の風味やコクを与えてくれる中華料理ではおなじみの食用油です。

鶏の油脂を加工したものなのですが、豚のラードにはない軽やかさとサラダオイルの代用として使いやすい点がポイント。この偉大さは、インスタントラーメンに一滴垂らすだけで実感することができますから、みなさんの身近な料理でお試しください。食用油として活用すれば、あっという間に一本使い切ってしまうはず。

◆③からし酢みそ、酢みそ 201円、189円

No image

神戸物産「からし酢みそ」201円、「酢みそ」189円(各280g)

たっぷり入った「酢みそ」です。通常スーパーで売られているものよりも少々たっぷりサイズでリーズナブル。

これを冷蔵庫に置いておくだけで、ダイエット生活が簡単に実践できるんです。例えば、低カロリーな刺し身こんにゃくを満足度高く味わうことができます(醤油だと味気ないと感じることも)。

また、緑黄色野菜やもやしをレンチンして、酢みそをつけるだけで濃厚な和え物に。つまり、ストックしておくことでヘルシー食材の消費が促進されることは、使い切りの大きなポイントだと言えます。

◆④ライムペッパーソルト、シュリンプチリソルト 各104円

No image

神戸物産「ライムペッパーソルト」(110g 104円)、「シュリンプチリソルト」(120g 104円)

冷蔵庫で眠らせてしまう調味料ってありますよね。使い切りのコツは、目につく場所に起きやすいこと。できれば常温でストックできるものが理想的です。

あまりにマニアックな調味料だとアタリハズレが出やすいですが、調味料の王道である“塩”の変化形であれば難易度は下がります。ライムとこしょうが入った塩は夏らしいステーキを味わえますし、エビの風味をまとった塩であれば、簡単エスニックが演出できます。

いつもの塩の代わりにじゃんじゃん使って、お気に入りのメニューを発見してみましょう。値段が手頃なのも大きな魅力です。

◆⑤ステーキソース 253円

No image

神戸物産「ステーキソース」253円

最後は、ステーキソース。正統派和風ソースなのですが、これに似た味を探すと、なかなか出逢えません。私はこのソースにわさびを添えて食べるステーキが気に入っています。

牛だけでなく豚にも鶏にも抜群に合うんです。つまり、オススメのツボとしては、シンプルな肉料理をおいしくしてくれること。料理が面倒になりがちな夏の食卓にも大活躍してくれることでしょう。

あまりに王道っぽくて、教えてもらわないと手に取らないような商品にこそ、大きな魅力が潜んでいます。

<文・撮影/食文化研究家 スギアカツキ>

【スギアカツキ】

食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加