アニメ映画『バブル』ベルリン国際映画祭正式出品決定!追加声優キャストに広瀬アリスら

アニメ映画『バブル』ベルリン国際映画祭正式出品決定!追加声優キャストに広瀬アリスら

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2022/01/15
No image

物語のカギを握る人物の声を担当する広瀬アリス。 - (C) 2022「バブル」製作委員会

アニメ「進撃の巨人」の荒木哲郎監督と WIT STUDIO ら日本を代表するアニメクリエイターが集結したオリジナルアニメーション映画『バブル』(5月13日公開)が、第72回ベルリン国際映画祭に正式出品されることが決定した。あわせて、追加声優キャストとして広瀬アリス千本木彩花井上麻里奈が参加することも明らかになった。

本作は、世界に降り注いだ泡<バブル>によって、重力が壊れた東京を舞台に、少年と少女の出会いによって、世界を変える真実へとつながっていくさまを描いたグラビティ・アクションストーリー。制作陣には荒木監督のほか、脚本・虚淵玄、キャラクターデザイン原案・小畑健、音楽・澤野弘之ら最高峰のクリエイターが集結。主人公ヒビキの声を志尊淳が担当するほか、宮野真守梶裕貴畠中祐ら人気実力派声優たちが共演する。

No image

追加声優の3名、左から広瀬アリス、千本木彩花、井上麻里奈。(C) 2022「バブル」製作委員会

第72回ベルリン国際映画祭のジェネレーション部門への出品が決まったことについて、荒木監督は「映画や自分が試されていると同時に、これまでの監督仕事で積み上げてきた、仲間たちとの仕事のすべてが、いま試されているのだと思います。どこまで届くのか見届けたいです。よろしくお願いします!」とコメントを寄せた。

さらに、追加声優も発表になり、広瀬は主人公のヒビキと行動を共にする科学者・マコト役の声を担当する。アニメ好きを公言する広瀬は「大好きなアニメ『進撃の巨人』の荒木監督に会えればそれだけでいい。そんな思いでオーディションを受けたので、出演が決まった時の方が緊張しました」と喜びを語った。(今井優)

劇場版は5月13日全国公開、Netflix版は4月28日全世界配信。

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加