當真あみ、1,000人超のオーディションで主役を射止めて「本当に驚きでした」

當真あみ、1,000人超のオーディションで主役を射止めて「本当に驚きでした」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2022/11/25
No image

12月23日公開の映画『かがみの孤城』のプレミアイベントが24日、都内で行われ、當真あみ、北村匠海、吉柳咲良、板垣李光人、横溝菜帆、梶裕貴、宮崎あおい、原恵一監督が出席した。

北村匠海、25歳でやりたいことは“徒歩旅”「いろいろ変わりそうだなって」

2018年本屋大賞を史上最多得票数で受賞した辻村深月のベストセラー小説『かがみの孤城』を、『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』などの原恵一監督が劇場アニメ化した本作。学校での居場所をなくして部屋に閉じこもっていた中学1年の女の子・こころ(當真あみ)を主人公に、彼女が部屋の鏡の中で出会った見ず知らずの中学生6人と出会い、彼らたちと次第に心を通わせる様子を描いたファンタジーミステリーだ。

公開まで残り1カ月を切ったこの日は、観客を迎えての舞台あいさつを実施。主人公・こころの声を担当した當真は「こういう舞台あいさつが初めてでとても緊張しているんですが、キャストの皆さんやたくさんのお客さんに来ていただけてうれしいです」と感謝の言葉を口にしながら「この作品は登場人物の個性が違った輝きを放っていて素敵な作品になっています。小説とは違ったアニメーションならではの魅力がたくさん詰まっているので、是非劇場で観ていただけたらと思います」とアピールした。

當真は声優初挑戦ながらも主人公の役を1,000人も超える応募者からオーディションで射止めた。「本当に驚きでしたが、うれしいという気持ちが一番強かったです。決まった時はお母さんに連絡して『良かったね』と一緒に喜んでくれました」と母親と喜びを分かち合ったといい、演じたキャラクターについては「引っ込み思案な女の子でそういう部分は私にもあります。自分の思ったことをすぐに伝えられないところが似ているなと思います」と共通点を語った。

また、こころが鏡の中で出会うサッカーが得意で誰にでもフラットに接する爽やかな青年・リオン役を演じた北村は「日本、勝ちましたね。凄すぎですよ。きっとリオンもこの世界の中で昨日の勝利をとても喜んでいると思います」とサッカーワールドカップでドイツに勝利した日本代表の奮闘を称えた。

城に隠された鍵を見つけると願い事が叶うという物語の内容にちなみ、「どんな願いでも一つだけ叶うとしたら、どんな願いを叶えたい?」という質問に當真は「誰とでもコミュニケーションを取れる鬼のようなコミュニケーション能力が欲しいです」と答え、宮崎は「私は抜群の音楽センスが欲しいです。どんな楽器でも弾けてどんな歌でも歌えてダンスも踊れたら人生楽しそうだな~と。音楽にノッているのは幸せそうだと思うので、音楽センスがほしいです」と回答した。

北村は「身長182cmまで伸ばしてくれという。小栗旬さんが182cmなんですよね。小学生の時にご一緒して関係が今も続いているんですが、願いが叶うならあれぐらいのタッパが欲しいです。牛乳飲んでますので」と願望を語った。最近身長が1.5cm伸びて165cmになったという板垣もそれに呼応して「168~9cmあったら170cmと言ってもバレませんよね。あと3~4cmぐらい伸びないかな」と明かしていた。映画『かがみの孤城』は、12月23日より全国公開。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加