「持続可能な」養殖サーモン使用のハンバーガー

「持続可能な」養殖サーモン使用のハンバーガー

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/06/11
No image

動画を見る(元記事へ)

地球にやさしい「サーモン」が使われています。

都内のレストランで期間限定で提供されているハンバーガーにはノルウェー産のサーモンが使われています。

餌(えさ)の原材料の約7割が植物由来であるほか、自動給餌システムで餌が余らないようにするなど「持続可能な」プロセスで養殖されました。

従来のサーモンよりも肉厚で、程よく脂がのっているということです。

このサーモンに付けられた「ASC認証」は、環境や地域社会に配慮した方法で養殖された水産物を対象にした制度です。

世界44カ国、1300を超える養殖場が認証を受け、国内でも現在67カ所と少しずつ広がっています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加