阪神・西勇まさか...1試合4被弾は1792日ぶり自己ワーストタイ

阪神・西勇まさか...1試合4被弾は1792日ぶり自己ワーストタイ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/08/02
No image

5回、阪神・西勇輝は佐野に勝ち越し2ランを許す

「阪神-DeNA」(1日、甲子園球場)

阪神の先発・西勇がオリックス時代の2015年9月5日・日本ハム戦以来、1792日ぶりとなる自己ワーストタイの1試合4本塁打を浴びた。

初回2死はソトに左翼席へ先制ソロを被弾。四回2死は大和に左翼席へ運ばれた。

打線が四回に2点差を追いついた直後の五回2死三塁は、佐野に左翼ポール直撃の勝ち越し2ランを浴びた。

六回無死も宮崎に左翼席へ完璧な一発を運ばれた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加