このママ友に何を言っても無駄なの?|あなたは貸せますか?

このママ友に何を言っても無駄なの?|あなたは貸せますか?

  • ママリ
  • 更新日:2023/03/19

ブログなどで漫画を公開しているAiさん。そのフォロワーさんの身に起きた、子どもの晴れ着の貸し借りをめぐるママ友トラブルのお話です。綾子さんは、娘さんの七五三ために着物を用意していました。そのことをママ友の麗華さんに話すと、貸してほしいとお願いされます。綾子さんの娘さんも着ておらず、そして天気はも雨予報なのに、クリーニングにも出す気はないという自己中っぷり。あまりに横暴なお願いに断りますが、麗華さんは幼稚園でこの一件を都合の良いように言いふらすなど、さらに過激な行動に。後日、麗華さんは子どもの晴れ着をレンタルしたようですが、その後「被布を貸してほしい」と綾子さんに連絡してきます。こりていないのでしょうか?Aiさんがママ友トラブルを描いた『あなたは貸せますか?』第7話をごらんください。

No image

©Ai

No image

©Ai

No image

©Ai

No image

©Ai

No image

©Ai

No image

©Ai

他のママ友に注意されてもなお、綾子さんに頼んできた麗華さん。何がいけなかったのか全く理解はしていないようですね。しかも、遊びでの撮影に使いたいという驚きの発言に、麗華さんの非常識さが凝縮しています。

気心知れたママ友同士でも「親しき中にも礼儀あり」

No image

©Ai

子どもの入園を機に、親同士の交流の幅も広がりやすくなります。そこで気の合う親と仲良くなることはあるかもしれません。ただ、気を付けたいのが、親同士のトラブルです。

子育ての苦労を分かち合える親同士でも、育った環境や暮らしている状況が違うと価値観のずれがあることも。また、一般的な常識と外れたような考え方をする人がいると、綾子さんのような経験をする場合があるでしょう。

ママ友付き合いの難しいポイントは、親同士が合わないからと言って簡単に関係を断てなかったり、頼まれごとを断りにくかったりすること。綾子さんのお祝い着の貸し借りに関するトラブルでは、他のママの賛同もあって解決に向かいますが、そうはいかないこともありそうです。

どんなに仲良くなっても、大人同士「親しき中にも礼儀あり」。親同士の関係や子どものつながりも気になりますが、受け入れられない要求にはきっぱり断る勇気も必要ですね。また、親同士の価値観が合わなくても、子ども同士の付き合いは別。親は親、子どもは子どもとして、無理のない付き合い方をしましょう。

▶ 続きとバックナンバーを読む

ume

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加