村田諒太の次戦は4月か5月に計画 世界ランカーとの2度目防衛戦/BOX

村田諒太の次戦は4月か5月に計画 世界ランカーとの2度目防衛戦/BOX

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/01/13

プロボクシングWBA世界ミドル級スーパー王者の村田諒太(35)=帝拳=の次戦が4月か5月に日本で計画されていることが12日、分かった。所属ジムの本田明彦会長が明らかにした。世界ランカーとの2度目の防衛戦となる見込み。

この日、35歳の誕生日を迎えた村田は東京・新宿区の所属ジムで取材に応じ、今年の抱負を「まずは試合がしたい」。2019年12月の初防衛後、新型コロナウイルスの影響で計画していた試合が正式発表前に5度中止となったという。

今年2月にも計画があり、結果的に予定は流れたが昨年12月から本格トレーニングを重ね、「いいスパーリングができている」。本田会長も「一戦挟んで9月が勝負」と、防衛戦後にIBF世界同級王者のゲンナジー・ゴロフキン(38)=カザフスタン=との統一戦を見据えた。(尾崎陽介)

No image

特製のバースデーケーキと村田諒太

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加