たたきだけじゃない 『福島県風かつおの食べ方』が想像以上の美味

たたきだけじゃない 『福島県風かつおの食べ方』が想像以上の美味

  • しらべぇ
  • 更新日:2021/05/02

今が旬の初がつおは、赤身の旨味を存分に楽しめる魚。かつおというと高知県や鹿児島県など、南方の魚というイメージがあるが、じつは東北でもよく食べられる。

■福島県風のかつおの食べ方

No image

たとえば日本有数の米どころ、福島県の海側・いわき市などでは、6月からがかつおの旬になっており、高知のかつおのたたきとは少し変わった食べ方で、かつおの味を楽しむ人が多い。

No image

実際にどのような食べ方をするのかというと、ポン酢にスライスしたにんにくではなく、すりおろしたにんにくと醤油を合わせた『にんにく醤油』でいただくのだ。

関連記事:ファミマ、「潔い」と話題のかつお節ごはん ウマいが食前に注意すべき点も…

■にんにく醤油との組み合わせが最高

No image

実際に福島県出身の人に話を聞くと、かなり大量のにんにくを醤油に入れて食べるのが美味しいそうで、記者も試してみることにした。

No image

ポン酢に比べると醤油のほうがにんにくと合わせるとワイルドな香りになり、レアなステーキににんにく醤油をかけて食べるのと少し似た印象を受ける。

■野性味あふれる味が最高

No image

かつおは薄切りがいいとのことで薄くスライスして食べたのだが、まだ若い初がつおの味を醤油の旨味が増幅させる。

また、かつおの野性味あふれる香りもにんにくが食欲を誘うものにバージョンアップしてくれるので、めちゃくちゃウマい。

■ぜひ試してみて

印象としては、脂ののった戻りがつおはかつおのたたきに軍配があがるが、初がつおの美味しさは福島県風のにんにく醤油のほうが好む人は多いのではないだろうか。

また、味が濃くなるのでご飯や日本酒との相性もばっちり。作り方も簡単なので、かつおの刺身をにんにく醬油でぜひ一度食べてみてほしい。

・合わせて読みたい→いま「和食さと」の公式アプリを使うとお得 追加料金なしで鰹料理も…

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加