阪神・ウィルカーソンが来日初安打をマーク  広島戦

阪神・ウィルカーソンが来日初安打をマーク 広島戦

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/06/23
No image

四回に来日初安打を放つ阪神のアーロン・ウィルカーソン=マツダスタジアム(撮影・安部光翁)

(セ・リーグ、広島-阪神、11回戦、23日、マツダ)阪神の先発、アーロン・ウィルカーソン投手(33)が四回の第2打席で右前打を放ち、来日初安打をマークした。

2死から打席に向かうと、広島・アンダーソンの144㌔の速球にバットを合わせた。フラフラっと舞い上がった打球は二塁手・菊池涼の頭上を越すポテンヒット。今季14打席目で初めて「H」ランプをともした。

投げては三回2死一、三塁のピンチで、22日にサヨナラ本塁打を放っている宇草を二ゴロ。粘り強い投球でゼロを並べている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加