DeNAが拙攻で逆転負け 平良、7回2失点と好投も...またも打線が援護できず

DeNAが拙攻で逆転負け 平良、7回2失点と好投も...またも打線が援護できず

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/08/03
No image

8回の攻撃を終え、選手交代を告げたラミレス監督

「阪神3-1DeNA」(2日、甲子園球場)

DeNAが接戦に敗れ1分けを挟んでの連勝が3でストップした。先発の平良が7回6安打2失点と好投するも、得点が梶谷の先頭打者本塁打のみ。平良はこれでリーグ2位の防御率1・99と安定感抜群の投球を続けているが、白星は7月5日・ヤクルト戦から遠ざかっている。

初回、梶谷の2試合連続となる9号先頭打者本塁打で好スタートを切った。だが、安打や四球で何度も好機を作りながら、相手先発の岩貞に要所を締められ、5回を1失点に封じられた。

平良は低めへ球を集め、早いカウントから勝負を仕掛けてきた阪神打線を翻弄(ほんろう)。五回は2死一、三塁で代打で出てきた通算対戦打率5割、3本塁打の天敵・福留を三邪飛に仕留めた。

六回、近本、糸井に連打で浴び一、三塁。代走・島田に二盗を決められ無死二、三塁とし、サンズは空振り三振に仕留めたが、大山に右前へ落ちる2点適時打を食らった。

打線は岩貞が交代した六回以降も沈黙。2点を追う九回、スアレスの前に3者凡退に倒れた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加