日本ハムが中日との練習試合に勝利 清宮先制3ラン、ドラ6今川2点適時打

日本ハムが中日との練習試合に勝利 清宮先制3ラン、ドラ6今川2点適時打

  • ベースボールキング
  • 更新日:2021/02/21
No image

日本ハム・清宮幸太郎(C)Kyodo News

○ 日本ハム 5 - 2 中日 ●
<タピックスタジアム名護>

日本ハムが中日との練習試合に勝利。期待の若手がアピールした。

日本ハムは0-0で迎えた4回、中日先発・勝野に対し四球と敵失で無死一、二塁の好機を作ると、6番・清宮が2ボール後の真っ直ぐを強振。完璧に捉えた打球は右中間席に着弾する先制3ランとなった。清宮は前日の巨人戦(那覇)でも2安打2打点をマーク。直近2試合で計5打点とした。

2点差で迎えた5回は二死二、三塁とし、代打で登場したドラフト6位の今川(JFE東日本)が2点適時打を左前へ。5-1とリードを広げた。

投げては先発した4年目の北浦が、2回無安打無失点とアピール。6回にはベテランの宮西が実戦初のマウンドに上がり、3者凡退の貫禄投球を披露した。

中日は根尾に適時内野安打、高松に適時二塁打が飛び出したものの、若手中心の打線が計3安打と沈黙。「4番・三塁」でスタメン出場した石川は4打数無安打3三振に倒れた。先発の勝野は3回までゼロを並べたが、4回に3ランを浴びるなど5回5失点。走者を出してからの投球に課題を残した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加