「鎌倉殿」次回恐怖 呪詛人形が鎌倉殿の手に渡る 監禁された全成が酷い顔に 比企暗躍か

「鎌倉殿」次回恐怖 呪詛人形が鎌倉殿の手に渡る 監禁された全成が酷い顔に 比企暗躍か

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/08/05
No image

鎌倉御所・監禁部屋にて。再会を果たした全成と実衣=NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第30回から

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」は、次回7日に第30回「全成の確率」が放送される。

【あらすじ】源頼家(金子大地)に対して呪詛を行った疑いにより、詮議を受ける阿野全成(新納慎也)。比企能員(佐藤二朗)はその背後に北条家の暗躍があると確信し、対決姿勢をさらに強める。そのころ北条家では、夫・全成を巻き込まれて激怒した実衣(宮澤エマ)が父・時政(坂東彌十郎)を追及。名乗り出ようとする時政だが、りく(宮沢りえ)に止められる。義時(小栗旬)は北条家を守るために一案を講じ、畠山重忠(中川大志)の助力を得て…。

◇ ◇

前回ラストは、全成が全て回収したはずの呪詛人形が御所の軒下に一体残っており、何者かが拾い上げる恐怖シーンで終了した。

公式HPの予告動画では、呪詛人形が頼家の手に渡ってしまったらしく、怒りの形相をみせている。実衣が「あの人に、罪をかぶせるおつもりですか」と抗議する声が響いている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加