楽天がディクソン内野手を獲得調査 19年に15発

楽天がディクソン内野手を獲得調査 19年に15発

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/20
No image

タイガースのブランドン・ディクソン内野手(USA TODAY Sports=ロイター)

楽天が、今季までタイガースでプレーしたブランドン・ディクソン内野手(28)を獲得調査していることが20日、分かった。

19日付のデトロイト・フリープレス電子版が、同選手が楽天と契約し、タイガースは保有権を譲渡する代わりに楽天から金銭を得たと報じた。

石井一久ゼネラルマネジャー兼任監督(47)は球団を通じ「ディクソン選手に関して、リストアップはしています。ただ、契約合意をしている訳ではありません。現状、調査をしているという状況です」とコメントした。

ディクソンは一塁、二塁、外野をこなすユーティリティー選手で、19年にタイガースで最多の15本塁打をマーク。18年にレッズでメジャーデビューし、3年間で196試合に出場、通算打率2割2分8厘、20本塁打、52打点。今季は5試合に出場し打率0割7分7厘、0本塁打、2打点だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加