2022年春発売予定の軽EV(電気自動車)が遂に姿を現した! SUV風スタイルがゴツくてカッコいい「三菱 K-EV コンセプト X Style」【東京オートサロン2022】

2022年春発売予定の軽EV(電気自動車)が遂に姿を現した! SUV風スタイルがゴツくてカッコいい「三菱 K-EV コンセプト X Style」【東京オートサロン2022】

  • MOTA
  • 更新日:2022/01/14

チューニングカーの祭典「東京オートサロン2022」会場に、とびきりエコなコンセプトカー、三菱の新型軽EV(電気自動車)『三菱 K-EV コンセプト X Style(クロススタイル)』が現れた。2022年初頭に発売予定のニューモデルが、いよいよ世界で初めて公開されたのだ。スタイリッシュなコンパクトクロスオーバーSUVスタイルは、SUVを得意とする三菱らしい格好良さにあふれている!

No image

「三菱 K-EV concept X Style(ケーイーブイコンセプト クロススタイル)」(2022年初頭発売予定の新型軽EV・コンセプトカー)【東京オートサロン2022出展車・2022年1月14日(金)世界初披露】 [Photo:茂呂 幸正]

補助金込みの価格は200万円以下! 期待が高まる新型軽EV(電気自動車)を世界で初めて先行公開

No image

「三菱 K-EV concept X Style(ケーイーブイコンセプト クロススタイル)」[参考出品車]

「三菱 K-EV concept X Style(ケーイーブイコンセプト クロススタイル)」は、三菱が日産と共同開発を行い、2022年初頭に発売を予定する新型軽EV(電気自動車)のコンセプトカーだ。

今回は外観のみが発表され、内装・インテリアや搭載されるバッテリー・モーター性能といったスペック、国や自治体からの購入補助金を含めれば、およそ200万円以下とされる価格などは共に明らかにされなかった。

No image

画像は車両後方から床下を覗き込んだもの

なお展示車両の床下を覗き込んだところ、床面いっぱいにバッテリーセルと思われる箱型の筐体が備わっていた。航続可能距離はおよそ200キロと、近距離利用が多い軽自動車の実情に合わせたミニマムな仕様となっている模様である。

市販の軽ガソリンモデル「eK X(イーケークロス)」のスタイルを踏襲

No image

流行りのコンパクトクロスオーバーSUVスタイルが与えられた三菱 K-EV コンセプト X Styleはなかなかスタイリッシュ。“コンセプト”と銘打たれているもののかなり現実味のあるスタイルで、ショー用に装飾されたボディカラー以外は実際の市販モデルに限りなく近いモデルと思われる。

そもそもそのデザインに見覚えがある方も多いだろう。細部のディテール処理を除けば、市販の軽自動車「三菱 eK X(イーケークロス)」とほぼそのままのスタイルなのだ。

No image

軽EVコンセプトカー「三菱 K-EV concept X Style」,市販の軽自動車「三菱 eK X(イーケークロス)」

No image

軽EVコンセプトカー「三菱 K-EV concept X Style」,市販の軽自動車「三菱 eK X(イーケークロス)」

ゴールドのルーフ色はモーターコイルをイメージ!?

No image

なおK-EV コンセプト X Styleのマットブルーのボディカラーは、EVのクリーンでソリッドなイメージを象徴。ルーフの2トーンカラーにカッパー(銅色)を配しているのは、EVのモーターコイルを現しているのだという。

先進運転支援機能やコネクティッド機能も備わるという三菱の新型軽EV、今春とも噂される正式発売が今から待ち遠しい1台だ。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:茂呂 幸正・小林 岳夫・和田 清志]

MOTA編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加