エムバペ、フランス代表のスポンサー広告から消える?画像使用で関係悪化

エムバペ、フランス代表のスポンサー広告から消える?画像使用で関係悪化

  • Qoly
  • 更新日:2022/05/14
No image

弱冠10代にしてワールドカップ優勝を成し遂げたフランス代表FWキリアン・エムバペ。

代表の顔でもある彼とフランスサッカー連盟(FFF)との対立が顕在化していると『Le Parisien』が報じている。

その発端は今年3月にFFFのスポンサーが行ったフォトセッションへの参加をエムバペが拒んだこと。

エムバペ側は集団的肖像権が悪用されているとして、代表スポンサーのPRに自らの画像を提供することを拒否しているという。

彼と彼の弁護士は、選手が自らの価値観や理想に従い、参加するキャンペーンを選べるように要求しているとのこと。

エムバペ側は、ジャンクフードや賭博をPRするFFFのスポンサー(ケンタッキーフライドチキン、コカ・コーラ、オンラインギャンブル会社のBetclic)に自らの画像を提供したくない意向があるそう。

【関連】金満PSG「給与額最高」の10選手

また、エムバペはFFFのノエル・ルグラエ会長の発言にも不快を募らせているようだ。同会長は選手がFIFAやUEFAの大会に出場した際に受け取れる額について話すなかで、「エムバペがオペレーションを受け入れなければ、彼は金を受け取れないだけだ。選手はFIFAが出す額の3割を得ている」などと述べている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加