JAL・CBcloud、羽田空港からホテル間までの手荷物当日配送サービス実証実験を開始 10月18日〜12月17日まで

JAL・CBcloud、羽田空港からホテル間までの手荷物当日配送サービス実証実験を開始 10月18日〜12月17日まで

  • AMP[アンプ]
  • 更新日:2021/10/14

日本航空(以下、JAL)とCBcloudは、利用者が出発地から滞在先ホテルなどの目的地まで安全・安心・快適に移動できる新たな移動体験の創出に向け、手荷物当日配送サービスの実証実験第2弾を2021年10月18日より実施すると発表した。

No image

手荷物当日配送サービスの実証実験第2弾

昨年12月に高松空港と羽田空港間で実証実験を行っているが、より多くの利用ニーズが増えた場合のオペレーションを検証したうえで、事業化の検討を行っていくとしている。

第2弾では、札幌(新千歳)、大阪(伊丹)、福岡空港から羽田空港に向けて出発の利用者を対象に、出発空港でお預かりした手荷物を滞在先のホテルへ当日中に配送。

また、その他の国内空港から羽田空港に到着する利用者の手荷物を羽田空港で預かり、滞在先ホテルに当日中に配送するサービスも同時に実施するとのことだ。

【実証実験概要】

■実証内容
1.手荷物当日配送サービスの内容の充実度
2.事業者間の連携とオペレーション体制の確認

■実証サービスの内容
1.接触機会の低減
従来、対面で実施していた配送申込や決済を、いつでもどこでも実施できるようオンライン化。手荷物の預ける際や受け取りの際に発生する手続きを簡素化することにより、係員や利用者同士での接触機会の低減を図る。

2.快適な移動の実現(荷物携行による制約や不便さの解消)
出発空港で預ける手荷物を、滞在先の宿泊ホテルへ当日中に配送。これにより、ホテルチェックイン前まで手荷物を気にせず自由に移動可能となる。

■利用方法
利用対象:
a)JAL便で札幌(新千歳)・大阪(伊丹)・福岡空港発、羽田空港行きの便利用者
b)上記以外のJAL便で羽田空港に到着する利用者

予約:
JAL Webサイトより予約・決済
URL:https://www.jal.co.jp/jp/ja/dom/baggage/samedaydelivery/

荷物預入・受取:
予約サイトより必要情報をご入力のうえ事前に決済。ご利用日当日、ご出発空港ならびに羽田空港のJAL ABCカウンターにある専用タブレット端末に予約番号を入力し、印刷される配送ラベルを荷物に貼付しカウンターで預入。その後、ご宿泊先で受取。

利用料金:
a)1,500円/個(税込)
b)1,200円/個(税込)

預入場所:
a)札幌(新千歳)空港/大阪(伊丹)空港/福岡空港JAL出発カウンター
b)羽田空港第一ターミナルビル1階到着階JALABCカウンター

受取場所:
下記エリアにあるホテル
東京都新宿区/品川区/千代田区/中央区/港区、お台場・有明エリア、千葉県舞浜エリア

実施期間:
2021年10月18日〜12月17日

2社の役割:
【JAL】
サービス全体企画、対象路線利用者へのプロモーション、予約・決済サービス提供、荷物の預かり
【CBcloud】
荷主と配送パートナー(ドライバー)をつなぐマッチングプラットフォーム「PickGo(ピックゴー)」を活用し、到着空港から目的地までの陸路配送の提供・運営

The postJAL・CBcloud、羽田空港からホテル間までの手荷物当日配送サービス実証実験を開始 10月18日〜12月17日までfirst appeared onAMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア.

AMP News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加