巨人・高梨雄平が餃子作り教室に参加 「人となりを見て楽しんでもらうのもアスリートには大事」

巨人・高梨雄平が餃子作り教室に参加 「人となりを見て楽しんでもらうのもアスリートには大事」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2023/01/25
No image

料理教室とのコラボ企画で餃子作りに挑戦した巨人・高梨

巨人・高梨雄平投手(30)が25日、東京・丸の内で料理教室のABCクッキングスタジオとのコラボ企画で餃子作りに挑戦した。

球団公式YouTubeで原監督やチームメートに料理を振舞ったり、自身のチャンネル「たかなしきっちん」でも料理の腕を披露したりと〝料理人キャラ〟が定着した左腕。この日はファン24人とともに「皮から作る本格焼き餃子」を作った。

先生の教えに従って自ら調理し、ファンのテーブルを回ってコミュニケーションを図る場面も。最後は完成品を食べて満足そう。「(餃子の)種を詰めるとかは実家とかでもあったけど、皮から作ることはなかった。(手作りで)いびつな感じもまた美味しくて、完璧じゃないのも僕は良かったと思います」と振り返った。

昨季は一度も離脱することなく59試合に登板し、防御率2・14、25ホールドと活躍。野球と〝料理系YouTuber〟の二足の草鞋を履く高梨は「グラウンドで見る面以外の、人となりを見て楽しんでもらうのもアスリートには大事」と、料理教室参加の根底にある野球人気拡大への思いも明かした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加