勝みなみが猛チャージ!大会レコードタイの64をマーク 「自信をつけて米国に行きたい」

勝みなみが猛チャージ!大会レコードタイの64をマーク 「自信をつけて米国に行きたい」

  • 東スポWEB
  • 更新日:2022/11/25
No image

勝みなみ

猛チャージに成功だ。国内女子ツアー最終戦「LPGAツアー選手権リコーカップ」2日目(宮崎・宮崎CC=パー72)、27位から出た勝みなみ(24=明治安田生命)が8バーディー、ノーボギーの64をマーク。大会コースレコードタイ記録でスコアを8つ伸ばし、通算7アンダーでフィニッシュした。

まるで別人のようなゴルフだった。3番パー4で最初のバーディーを奪うと、4番パー4も2メートルのバーディーパットを沈めた。後半も12番パー3から3連続バーディー。「今日は全てよかった。ショットはピンに絡んでいたし、ちゃんと自分の狙った方向に飛んでいってくれる1日だったので、自信を持って振ることができた」と充実の表情を見せた。

前日は考えすぎる場面もあった。だが、この日は「自信を持って打つことを意識した」。目の前の1打1打に集中した結果「ショットのことだけというか、その今のことだけを考えてる時に、自分は自信を持てているんだなと。そこに打てる自信があるということなので、そういうのがもう少しついてきたら」と確かな手応えをつかんだ。

12月1日からは約2週にわたり、米アラバマ州で来季の米ツアー出場権をかけたQシリーズ(最終予選会)に参戦予定。「今はリコーカップなので、リコーカップに集中している」と話しながらも「自信をつけて米国に行きたいなと思っているし、結果がいいのが一番だが、とりあえず1打1打自分の決めたことをやって、自信をつけていくことがあとの2日間でできれば」と力強く意気込んだ。

さらなる飛躍へ、宮崎の地で得たものを自らの成長につなげていく。

東スポWEB

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加