盗まれて新しく取り付けた物が被害に...緑地のキャンプ広場で炊事場の蛇口18個全て盗まれる 警戒を強化

盗まれて新しく取り付けた物が被害に...緑地のキャンプ広場で炊事場の蛇口18個全て盗まれる 警戒を強化

  • 東海テレビ
  • 更新日:2022/11/25
No image

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

金属製の備品の盗難が相次いでいる名古屋市の戸田川緑地で、被害に遭い新しくつけなおしたばかりの水道の蛇口が再び盗まれました。

名古屋市によりますと、中川区の戸田川緑地の「こどもキャンプ広場」で23日午後8時半ごろ、パトロール中の警備員が炊事場の蛇口18個すべてあわせて5万9千円相当が無くなっていることに気付きました。

当日の朝には蛇口があることを確認していて、市は警察に被害届を提出しました。

戸田川緑地では10月下旬から、側溝のふたやテント用の重りなど金属製の備品が盗まれる被害が相次いでいて、今回被害にあった蛇口は今月14日に盗まれたあと新しく取り付けられたものでした。

市は現場に防犯カメラを設置するとともに、パトロールを24時間体制にして警戒を強めています。

また当面蛇口は炊事場の利用の予定があるときだけ取り付けるようにするということです。

東海テレビ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加