一問一答 イチロー氏、来年〝松坂投手〟復帰なら「51歳になってるし、51番つけてやろうかな」 高校女子選抜とのエキシビションマッチ

一問一答 イチロー氏、来年〝松坂投手〟復帰なら「51歳になってるし、51番つけてやろうかな」 高校女子選抜とのエキシビションマッチ

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2023/11/21
No image

6回を終え松坂大輔氏(右)とタッチを交わすイチロー氏=東京ドーム(撮影・長尾みなみ)

イチロー氏(50)=マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクター=が率いるアマチュア野球チーム「KOBE CHIBEN」と「高校野球女子選抜」のエキシビションマッチが21日、東京ドームで行われ、4ー0で「KOBE CHIBEN」が勝利した。「9番・投手」で先発出場したイチロー氏は9回5安打9奪三振無失点で完封勝利を収め、打撃では4打数2安打と投打に活躍。「4番・遊撃」で出場した松坂大輔氏(43)は4打数1安打だった。イチロー氏と松坂大輔氏の試合後のインタビューは以下の通り。

No image

試合後 高校野球女子選抜選手と記念撮影に臨む松坂大輔氏(中央左)、イチロー氏(同右)=東京ドーム(撮影・長尾みなみ)

ーーどんな思いがこみ上げてますか

No image

5回、二塁打を放つも足を気にするイチロー氏=東京ドーム(撮影・福島範和)

イチロー氏 「途中で無様な姿を見せてしまって情けない限りですけど、なんとか最後まで形になって良かった。個人的にはヒットが出て良かったです。めっちゃ嬉しかったです」

ーー「KOBE CHIBEN」で初ヒットですね

No image

5回 二塁打を放つイチロー氏=東京ドーム(撮影・長尾みなみ)

イチロー氏 「僕ね、プロでそこそこヒット打ってきたんですよ。この2年が悔しくて悔しくて。バッターとしてなんとしても1本という目標を今回は掲げていたので、めっちゃ嬉しいです」

ーー3年間の思いが詰まってた

イチロー氏 「こういうとき、『そうですね』って言うんでしょうけど、そういうことじゃないと思うんですよね笑」

ーー失礼しました。過去2年と比べて自身のプレーはいかがでしたか

イチロー氏 「早い段階で限界を迎えてしまって。この経験は2年前の神戸でしてるんですね。投げる、走る、打つ、いろんな練習してきました。でも打ってから走るという練習が一番できてない。それを今日痛感しました。また鍛えたいと思います」

ーー今回で高校女子選抜との対戦は3年目。何か違う感覚は生まれたでしょうか

イチロー氏 「ここまで追い込まれることないから。今50歳で、来年51。高校生たちとの差は毎年離れ続けていく。毎年、相手は高校3年生ですから。そこをなんとかならないんですけど…もう鍛えるしかない」

ーーそれでも伝えたい思いがあった

イチロー氏 「もちろん。僕がマウンドを降りることはありえないし、それでしか僕の思いは伝えられない。左脚がいかれたらアウトなんですけど、ギリギリ持ってくれて良かった」

ーー試合を終えて

No image

7回 遊ゴロを処理する松坂大輔氏=東京ドーム(撮影・長尾みなみ)

松坂氏 「今年は目立ったミスをすることなく(笑)。イチローさんに怒られることなく無事に試合を終えられてホッとしてます」

ーーヒット1本

No image

1回 安打を放つ松坂大輔氏=東京ドーム(撮影・佐藤徳昭)

松坂氏 「あれも詰まらされた。ヒットになって嬉しかったですけど、いいところに投げられて後の打席は手が出なかったですね」

イチロー氏 「大輔さぁ、〝松坂投手〟って可能性ないの?」

松坂氏 「マウンド降りるつもりないって言ってたから安心してたんですけど…笑」

イチロー氏 「去年の試合の後に『将来ピッチャーとして復帰したい思いが生まれた』と言ってた」

松坂氏 「言いました。言いましたし、先日もイチローさんと練習させてもらったんですけど、50歳の投球とは思えませんでしたし、刺激を受けてまた投げたいなと思いました。今日いいピッチャーと対戦して、僕もいいピッチャーだったんだよというのを思い出してもらえるように、いつか投げてる姿をもう一度見せられたらと思います」

イチロー氏 「そのときは僕はショートに回って、もしそれが来年だったら、51歳になってるし、51番つけてやろうかな(イチロー氏は背番号1で出場)。大輔がピッチャーで復帰してくれるっていうならね」

松坂氏 「宣言したからには責任をもって準備したいと思います」

イチロー氏 「(笑顔で)やったぁ」

ーーイチローさんが足を痛めながら投げる姿をどう見た

No image

九回、力投するイチロー氏=東京ドーム(撮影・長尾みなみ)

松坂氏「グッときましたね。痛めた後に裏で話したんですけど、ホントきつそうだったので、これもしかしたら『投げろ』って言われるかもしれないなってちょっと思ったんですけど、最後まで投げ切った。その後ろ姿がものすごく頼もしかったです」

ーー東京ドームに来たファンへメッセージを

松坂氏 「平日だったんですけど、これだけたくさんの方に来ていただいて。緊張感のある中でプレーできるってことは幸せなことだなと思いました。またこの雰囲気を味わいたいので、また来年に向けて僕もトレーニングして、頑張っていきたいと思います」

イチロー氏 「大輔も言ってましたけど、平日にもかかわらずたくさんの方お集まりいただいてありがとうございます。去年もそうだったんですけど、このゲームはここにいる皆さんで作ってくれる空気なんですね。今日それをまた実感してとても幸せな時間でした。僕のチームメイト、松坂選手、女子の選手たちもそういう気持ちになったんじゃないですかね。皆さんありがとうございました」

ーー来年も楽しみ

イチロー氏 「でも何より高校3年生、野球を続ける女子選手たちのモチベーションになるように僕はまた鍛えますし、大輔もそうしますし、そして東京ドームでやりたい! 東京ドーム大好き。最高でした、ありがとうございます」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加