きのうからの大雪で渋滞やバス待ち行列 長野市街地では今シーズン初20センチの積雪 長野

  • SBCニュース
  • 更新日:2022/01/14

きのうから降り続いた雪で、長野市でも今シーズン初となる20センチの積雪を観測しました。
長野駅前ではけさ、バスを待つ通勤や通学の人たちで長蛇の列が。
(高校生)「1時間遅れてもう学校始まっているんですけど、ちょっとバス遅れているみたいなので」。
(高校生)「しょうがないです長野なので、長野だから」。
市街地に向かう県道は、雪道をゆっくり走る車で長い渋滞ができていました。
けさは多くの人が朝早くから雪かきに追われました。
(雪かき中の人)「雪が重たいですね僕は8時半くらいから、もうパンパンですね」。
(雪かき中の人)「この雪でびっくりしちゃった、駐車場に車が入るのに困るんだよ」「きのうの夕方からずっとだもんね、なにしろ雪の心配ばっかり」。
午前10時までの24時間に降った雪の量は、野沢温泉で60センチ小谷で57センチ、飯山で46センチ、長野で22センチなどとなっています。
大雪は峠を越えましたが、積雪の多い傾斜地ではあすまでなだれにも注意が必要です。

mosa

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加