オリックス・中嶋監督 第6戦は「山本由伸で」先発予告 接戦制し2勝3敗で神戸へ

オリックス・中嶋監督 第6戦は「山本由伸で」先発予告 接戦制し2勝3敗で神戸へ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/11/26
No image

9回、代打で、勝ち越しソロを放ったジョーンズを迎える中嶋監督(撮影・金田祐二)

「日本シリーズ・第5戦、ヤクルト5-6オリックス」(25日、東京ドーム)

オリックスが大接戦を制して2勝3敗とした。

5-2の3点リードで迎えた八回、4番手で登板したヒギンスが無死一、二塁から山田に同点3ランを浴びたが、九回に先頭の代打・ジョーンズが左翼席へ勝ち越しソロを放った。最後は守護神・平野が無失点に抑え、勝利をものにした。

中嶋監督は試合後のインタビューで「同点に追いつかれてベンチが沈んでいた中で、一発で変えてくれた。非常に頼もしい選手です」と殊勲打のジョーンズを称賛。さらに「追い込まれている状況は変わりませんけれども、最後まであきらめないで頑張ります。山本由伸で、タイにもって行きたいと思います」と、神戸が舞台の6戦目の先発を山本と予告した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加