西武・外崎の無料カレンダー、出品やめて 地元・青森県弘前市の後援会が制作「球団と売らない約束」

西武・外崎の無料カレンダー、出品やめて 地元・青森県弘前市の後援会が制作「球団と売らない約束」

  • Web東奥|東奥日報社
  • 更新日:2023/01/25
No image

カレンダーを手にする下山会長=24日、弘前市内

青森県弘前市出身でプロ野球西武の外崎修汰選手の後援会「弘前獅子の会」が会員向けに作っている外崎選手写真入りの2023年版ポスターカレンダーがフリーマーケットアプリに出品されていることを会員が見つけた。下山悟会長(62)=同市=は「売り物にしない約束で球団から写真の使用許可を得ている。出品しないでほしい」と呼びかけている。

会員は千人ほど。カレンダーは希望する会員に2枚ずつ無料配布しており、23年版は県内約20人、県外約130人が注文した。

1月18日に、1枚が千円で出品されているのを確認。22日に交流サイト(SNS)で注意を呼びかけた。

下山会長は「会はボランティアで運営している。出品した会員に悪気がないことは分かっているが事情を分かってほしい」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加