松坂桃李 役作りの減量で「狂犬みたいに」前作超えへの思い語る

松坂桃李 役作りの減量で「狂犬みたいに」前作超えへの思い語る

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/07/21
No image

笑顔で手を振る松坂桃李(撮影・開出牧)

俳優の松坂桃李(32)が20日、都内で主演映画「孤狼の血 LEVEL2」(8月20日公開)の完成披露プレミアイベントに出席。共演の鈴木亮平(38)、村上虹郎(24)、斎藤工(39)ら豪華キャストが顔をそろえた。

2018年公開の白石和彌監督による「孤狼の血」の続編で、前作の3年後の呉原が舞台。伝説の刑事の遺志を引き継いだ刑事・日岡のその後を描く。主演の松坂は「3年の月日が実際にたっている。3年分のたまっていた思いをぶつけたいなと思った」と前作超えへの思いを語った。

役作りとして減量に励んだ松坂には共演者から「痩せた」「ほっそりした」と絶賛の声が。「いわゆる飢えた感じとか狂犬みたいな感じに繋がればいいなと。そこから繋がる復讐心を作っていきたかった」と熱量のある役作りを明かし「見終わった後にパワーをもらえる作品になっている」とアピールした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加