NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
名古屋城「金のシャチホコ」がヘリで天守閣に復帰 見守った人たちの感想は...

名古屋城「金のシャチホコ」がヘリで天守閣に復帰 見守った人たちの感想は...

  • しらべぇ
  • 更新日:2021/07/22
No image

名古屋城天守閣の金のシャチホコは16年ぶりに地上に降ろされて、4月10日から今月11日まで特別展覧が開催された。展示期間を無事終えたことで、22日朝ヘリコプターで天守閣に戻った。

■なんだか物足りない気がしていた

名古屋城周辺を毎日散歩しているドール兄さんは、「天守閣に金シャチがない名古屋城は、なんだか物足りない気がしていた」と話す。

見慣れた名古屋城に戻りましたね♪ #名古屋城 #お帰り金シャチ pic.twitter.com/JRPK7D7LBE
— ドール兄さん (@BaystarsNiigata)
July 22, 2021
from Twitter

今日は午前7時頃にスタンバイし、その様子を見守ったという。7時頃は30人程度だった見物客は、午前8時には100人ほどに増えていたそうだ。「今回戻ってきて、やっといつもの名古屋城に戻ると思うとホッとした」と語った。

【動画】シャチホコがヘリで運ばれる様子

関連記事:Mr.シャチホコ、YouTubeチャンネルが赤字で存続危機 「本当に難しい」

■降ろしたときよりも輝きが

タチバナアレンさんも、午前7時頃からこの風景を見守った。もともとは、鉄道の撮影が趣味だったそうだが、今回たまたま近くにいたために撮ることができたという。

帰還前にぴかぴかに磨きあげられた金鯱は、誇らしそうに輝いていました。 pic.twitter.com/9vVtf3J4vh
— タチバナアレン (@eli_sse)
July 21, 2021
from Twitter

「3月に降ろしたときにも撮影していたが、そのときよりも輝きが増している感じがした。地上におろされている間に、ピカピカに磨かれたのかもしれない」と話す。

■8月中旬から通常通りに

TAKAさんが、現場に着いたのは作業予定時刻の20分前。「まわりにも見物客がたくさんいた。たまたま通りがかった人達も足を止めて見物していた」と語った。

「次はいつ『空を飛ぶ金のシャチホコ』が見られるかわからないので、とても貴重な瞬間に立ち会うことができて、ほんとうに良かった」と嬉しそうに語った。

名古屋市によると、天守閣には工事用の足場や囲いが設置されているため、通常通りの天守閣に輝く「金のシャチホコ」が見られるようになるのは8月中旬になるという。

■金のシャチホコがヘリで運ばれる様子

名古屋城に金のシャチホコがヘリコプターで運ばれてきました! pic.twitter.com/txdCcKJkVZ
— TAKA (@alice_herb)
July 21, 2021
from Twitter

・合わせて読みたい→被災ブルーシートと熊本城の瓦で作られた “二度と落ちないお守り”が話題に

(取材・文/しらべぇ編集部・おのっち

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加