ロッテが6連勝 2位・オリックスとのゲーム差を4に広げる

ロッテが6連勝 2位・オリックスとのゲーム差を4に広げる

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/09/15
No image

決勝二塁打を放ったロッテ・角中勝也 =ペイペイドーム(撮影・村本聡)

(パ・リーグ、ソフトバンク4-5ロッテ、18回戦、ロッテ9勝7敗2分、15日、ペイペイD)首位のロッテが競り勝ち、6連勝。同点の七回、角中が左中間に適時二塁打を放ち、これが決勝点となった。3番手で登板したハーマンが今季初勝利。益田は自己最多に並ぶ33セーブ目を挙げた。チームは貯金を今季最多の14とし、2位・オリックスとのゲーム差を4に広げた。

ソフトバンクはスチュワート、ロッテは美馬が先発した一戦。ロッテは一回に中村奨の右前適時打で先制。三回は角中、エチェバリアの連続適時打で2点を追加した。しかし、先発の美馬がその裏、柳田に26号2ランを浴びると、四回にはデスパイネに同点3号ソロ、今宮には右前適時打を浴び、逆転された。それでもロッテは六回に藤岡が右前適時打を放ち、同点。七回に勝ち越すと国吉、佐々木千、益田の救援陣を1点のリードを守った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加