【津波注意報】静岡・焼津と南伊豆でも津波観測 県内にも避難所開設

【津波注意報】静岡・焼津と南伊豆でも津波観測 県内にも避難所開設

  • テレビ静岡NEWS
  • 更新日:2022/01/16
No image

静岡県庁危機対策課 情報収集する職員

静岡県全域を含む太平洋側の広い範囲に津波注意報が出ています。静岡県内で予想される最大の津波の高さは1mです。沿岸部から直ちに避難し、近づかないようにしてください。

【津波の観測値】

県内では新たに以下の地点で津波が観測されました。

焼津  20センチ(15日午後11:58)

南伊豆町石廊崎 30センチ(午前1:29)

これまでに以下の地点の津波の観測値も発表されています。

御前崎 70センチ(午前0:16)

沼津市内浦 40センチ(午前(0:06)

浜松市舞阪 30センチ(午前0:13)

下田港 30センチ (15日 午後11:46)

清水 20センチ (15日 午後11:24)

【被害】

これまでのところ県内では被害の情報は入っていません。県内の海上保安部は巡視船5隻を出し、沿岸を警戒しています。

【交通】

熱海ビーチラインが全線で通行止め。

【避難所】

熱海市は熱海市福祉センター、多賀中学校、網代公民館に避難所を開設し、16人が避難しています。

下田市は下田市民スポーツセンターに避難所を開設し1人が避難していますが、駐車場には他にも複数の車が避難してきているということです。

南伊豆町は役場の湯けむりホールに避難所を開設しています。

【原発】

県や御前崎市によると浜岡原子力発電所に異常はみられないとのことです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加