生ごみ再利用 考える集い 1月29日、中原区で交流会〈川崎市多摩区〉

生ごみ再利用 考える集い 1月29日、中原区で交流会〈川崎市多摩区〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2022/01/15

生ごみの堆肥化やリサイクルを身近に感じてもらう交流会が、1月29日(土)に川崎市総合福祉センター(エポックなかはら)で開催される。主催は、かわさき生ごみリサイクル交流会実行委員会と川崎市。

第1部は食育ドキュメンタリー映画『いただきます2ここは発酵の楽園』を上映する。第2部では、武蔵小杉東急スクエア(中原区)とヨネッティー王禅寺(麻生区)に開設されたコミュニティーガーデンがテーマ。参加者が家庭で作った堆肥を持ち寄りながら野菜を育て、食べるフードサイクルに取り組むプログラム「エコワリング川崎」の活動等が紹介される。

7階大会議室で時間は午後1時30分から4時まで。参加費は無料。定員は先着80人、事前申込み制。希望者は事務局の川崎市環境局(【電話】044・200・2579)または、かわさき生ごみリサイクル交流会ウェブサイトから。

No image

土と堆肥を混ぜ合わせる様子

タウンニュース多摩区版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加