巨人・直江 好投一転、危険球退場で5回途中降板 1年ぶり先発もプロ4年目の初勝利ならず

巨人・直江 好投一転、危険球退場で5回途中降板 1年ぶり先発もプロ4年目の初勝利ならず

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/08/08

◇セ・リーグ 巨人―ヤクルト(2022年8月6日 神宮)

No image

<ヤ・巨>5回、赤羽に対しての危険球で退場となる先発の直江(撮影・河野 光希)

巨人の4年目右腕、直江大輔投手(22)がヤクルト戦(神宮)で今季初の先発登板。4回まで1安打1失点と好投していたが、まさかの危険球退場によりプロ初白星を逃した。

リリーフ登板だった4月27日のDeNA戦(横浜)以来101日ぶりの1軍マウンド。初回、1番・塩見を死球で塁に出すと、2死二塁から4番・サンタナにフォークボールを右前適時打されて早くも先制を許した。

この日の試合前に「特例2022」で登録抹消となった主砲・村上の代わりに前日までの5番から打順を上げた相手助っ人に打たれての先制点献上。その後は無安打に抑えていたが、まさかの瞬間が訪れたのは0―1のまま迎えた5回だった。この回先頭の7番・赤羽への3球目、145キロ直球がすっぽ抜けて頭部を直撃。この日がプロ初出場初先発だった赤羽はすぐに立ち上がったが、原球審ら4審判が協議した結果、危険球で退場となった。

緊急登板となった2番手左腕・高木は2死二塁から塩見に左翼線へ適時二塁打を打たれ、直江の失点は2に。直江の投球内容は4回0/3で打者16人に対して63球を投げ、1安打2失点。5三振を奪い、1四球2死球、直球のMAXは4回に山田を空振り三振に仕留めた149キロだった。

直江は今季7度目の登板で、先発は自己最短となる1回1/3で6安打3失点KOされた昨年8月25日の広島戦(東京D)以来346日ぶりプロ通算7度目だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加