PSGが国内3冠を達成、リーグ杯でPK戦の末リヨン下す

PSGが国内3冠を達成、リーグ杯でPK戦の末リヨン下す

  • AFPBB News
  • 更新日:2020/08/01
No image

サッカーフランスリーグ杯決勝、パリ・サンジェルマン対オリンピック・リヨン。表彰式でトロフィーを掲げるPSGのチアゴ・シウバ(中央、2020年7月31日撮影)。

【AFP=時事】サッカーフランスリーグ杯は31日、決勝が行われ、パリ・サンジェルマン(PSG)は0-0で迎えたPK戦で6-5とオリンピック・リヨンを退けて再び国内3冠を達成し、ポルトガル・リスボンで開催される欧州チャンピオンズリーグ決勝トーナメントでの挑戦に向けて準備を整えた。

スタッド・ド・フランスで行われた一戦はスコアレスのまま延長戦が終了。PK戦ではPSGのGKケイロール・ナバスがベルトラン・トラオレのシュートを止めると、パブロ・サラビアが勝利を決めるキックを成功させた。

PSGは今季、新型コロナウイルスの影響により4月に10節を残した時点で首位に立っていたリーグ1が打ち切りとなり優勝が決定すると、7月24日にはフランス杯決勝でサンテティエンヌに1-0で勝利していた。

PK戦を迎えるまでトーマス・トゥヘル監督率いるPSGは優勢に試合を進めたが、リヨンはラファエウ・ダ・シウバが延長戦終盤にアンヘル・ファビアン・ディ・マリアをペナルティーエリアの外で倒して退場になる中、約2時間攻撃をしのぎきった。

PSGはチャンピオンズリーグでの目に見える成功を切望しているが、その試練に向けた準備を整えるためにはまださびを落とさなければならないことが示された。

PSGはここ6年間で4度目の国内3冠を達成したものの、来季からは人気の低いこのリーグ杯が廃止されることになっている。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加