日向坂46・齊藤京子、番組中に涙「もう絶対泣かない」

日向坂46・齊藤京子、番組中に涙「もう絶対泣かない」

  • ナリナリドットコム
  • 更新日:2021/05/02

アイドルグループ・日向坂46の齊藤京子(23歳)が、5月1日に放送されたラジオ番組「アッパレやってまーす!〜土曜日です〜」(MBSラジオ)に出演。ラジオの収録中に泣いてしまい、「もう絶対泣かない」と宣言した。

No image

その他の大きな画像はこちら

この日、お笑いコンビ・尼神インターの渚が驚いたこととして、「きょんちゃんテンション低いから、なんかあったん? って声掛けたら無視されました」と切り出すと、齊藤は「え、私無視しました?」と答え、新しく始まる齊藤のバラエティスキルを上げる虎の穴企画のために、気が重く「しらけるかもしれないし、盛り上がらないかもしれない」と考えを巡らせ、しゃべれる状態ではなかったと語る。

齊藤は「1年半ぶりくらいに仕事中で泣きそうになりました。今はちょっと大丈夫になりましたけれど、あ、ヤバい、これ涙出そうになるみたいな寸前で……」と情緒不安定になっていたと話すと、さらば青春の光・森田哲矢が「小倉ゆうかさん以来かと」と、齊藤が急にラジオからいなくなってしまうのではとイジった。その後、ラジオの出演メンバーが齊藤に「何もお前は背負ってないやんけ」「きょんちゃんが何を不安に思っているのかわからないけれど、盛り上がらなくても周りのせい」「泣いてもいい」と励ますと、不覚にも涙を流してしまう齊藤。番組の終盤で齊藤は「私、泣く女が嫌いで」「泣くってのが考えられなくて」「今考えたら、なんで、そこまで泣く?って思います」と話し「もう絶対泣かない」と誓った。

Narinari.com編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加