WAHAHA本舗・我善導、6月に初主演舞台 芸能生活20年&40歳の節目に

WAHAHA本舗・我善導、6月に初主演舞台 芸能生活20年&40歳の節目に

  • クランクイン!
  • 更新日:2021/02/23
No image

WAHAHA本舗・我善導<画像をもっとみる>

WAHAHA本舗の我善導(われぜんどう)が、芸能生活20年目の節目と今年40歳を迎え、初主演舞台公演『カスとスカ、おまけにクズ』を6月に東京・下北沢の小劇場B1で行う。「我善導をおもしろがる会」と看板を掲げ、今後シリーズ展開する第一弾公演となる。

【写真】我善導をおもしろがる会vol.1『カスとスカ、おまけにクズ』共演者・スタッフ

本作は、共演者として緒月遠麻、薩川朋子(張ち切れパンダ)、山田瑞紀(江古田のガールズ)の個性豊かな3名の女優陣を迎え、「我善導×緒月遠麻」「我善導×薩川朋子」「我善導×山田瑞紀」 という二人芝居を1公演3本オムニバスで上演する『男と女の物語』。

脚本と演出は劇団・江古田のガールズの全作品の脚本と演出を担当し、hulu『今夜、バベルの地下1階で。』、『こどものグルメ』(テレビ東京)などの脚本も手掛ける、江古田のガールズ主宰の山崎洋平。

企画を仕掛けるプロデューサーは、WAHAHA本舗全公演の構成演出を手掛け、『欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞』(日本テレビ系)の構成に番組立ち上げから関わるWAHAHA本舗主宰・喰始(たべはじめ)。

出演者、脚本家、演出家、プロデューサー、制作スタッフ、作品に関わる全ての人間が、我をおもしろがって、「我善導をおもしろがる会」の作品を作り上げる。

■仕掛人&プロデューサー:喰始(WAHAHA本舗主宰)コメント
我善導の才能を世間は甘くみている。 善人、悪人、変人、詐欺師、ストーカー、探偵、牧師、女装マニア、ホームレス、政治家、妖怪、宇宙人…どんな役をやらせても彼は面白い。「我善導をおもしろがる会」とは、役者・コメディアンという枠を超えた彼の才能を再確認し、応援する舞台の事です。第1回は存在感のある女優3人をゲストに迎え、我善導がカスに、スカに、クズにチャレンジします。男と女のドラマは恋愛だけ、とは限らない。どんな物語になるのか、乞うご期待!です。

■我善導(WAHAHA本舗)コメント
今年で40歳になります。20歳からこの世界におりますので芸能生活も20年となります。この20年でやり残した事、やっていない事はないか?と考えた時に「あ。主役やってない。」と、気付きました。なので、やります。主役、やらせてもらいます。今年40歳にして挑戦します。楽なんてするつもりはありません。足掻きます。とことん足掻きます。足掻いてる我善導を面白がって観てもらえたら嬉しいです。

■我善導をおもしろがる会vol.1「カスとスカ、おまけにクズ」
2021年6月10日~13日(6公演)
小劇場B1(世田谷区北沢2-8-18 北沢タウンホール B1)

クランクイン!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加