日向坂46・小坂菜緒、女子高生ジャンパー役に感慨

日向坂46・小坂菜緒、女子高生ジャンパー役に感慨

  • RBB TODAY
  • 更新日:2021/04/06
No image

日向坂46・小坂菜緒【写真:竹内みちまろ】

もっと画像を見る
日向坂46の小坂菜緒が5日、都内にて、出演映画「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」(5月7日公開)の完成披露イベントに、田中圭、土屋太鳳、山田裕貴、眞栄田郷敦、飯塚健監督、西方仁也、原田雅彦と登壇した。

同作は、1998年の長野オリンピックで、日本中が歓喜に湧いたスキージャンプ団体の逆転金メダルを陰で支えた25人のテストジャンパーたちの物語。小坂は女子スキージャンプがオリンピック種目になかった当時、テストジャンパーとしてでもオリンピックに参加したいとの思いを持った女子高生ジャンパー・小林賀子役。

吹雪による競技中断や、再開できるかをはかるためにテストジャンパーたちが決死の覚悟で挑んだテストジャンプを実話に基づいて描いた同作で、撮影での思い出を尋ねられると、小坂は、「(競技が中断され)もしかしたらここで終わるかもしれない」場面について紹介。

「私が発した言動で、みんなの流れの空気が変わるというシーンがあったのですが、普段の自分だったらそんな思い切ったことを口に出したりできないので、小林賀子だからこそ言えたセリフ」と述懐。「女子高生の女の子がひとりでテストジャンパーの中に交ざってやっていたのですが、女の子ひとりの言動で大人のみんなの気持ちを動かすことができたシーンが印象に残っています」と振り返った。

竹内みちまろ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加