最後の「ジブリの大博覧会」7月から愛知で開催「ジブリパーク、開園まであと1年」

最後の「ジブリの大博覧会」7月から愛知で開催「ジブリパーク、開園まであと1年」

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2021/04/06
No image

ジブリパーク収蔵前最後の「ジブリの大博覧会」 - (C)1988 Studio Ghibli

新型コロナウイルスの影響で延期となっていた「ジブリの大博覧会~ジブリパーク、開園まであと1年。~」が、7月17日から9月23日まで、愛知県美術館(愛知芸術文化センター10階)で開催される。

2015年に愛・地球博記念公園(愛知県長久手市)で開催された「ジブリの大博覧会」は、バージョンアップを重ねながら、 5年間で国内11か所を巡回。そのはじまりの地で、来年秋の開園を控える「ジブリパーク」のプレイベントとして完結を迎える。

開催にあたり、これまでの全展示物が勢ぞろい。ジブリパークに収蔵される前の最後の披露となる。第1回と比べて展示面積は約5倍に拡大し、「ジブリの倉庫」や「ネコバス」などのほか、『天空の城ラピュタ』のオープニングに登場する船を動く大型模型で再現した「空飛ぶ巨大な船」など、愛知初の展示も多数 。スタジオジブリ誕生から約35年の歩みを、懐かしの映画ポスターやグッズ、未公開とされた原画など豊富な資料で振り返る。

入場券は感染対策のため、 日時指定予約制を導入。7月入場分を6月1日から、 8月入場分を7月1日から、 9月入場分を8月1日から、チケット販売サイト「Boo-Woo(ブーウー)チケット」などで販売する。またBoo-Wooチケットでは、 開幕前日の7月16日に300名限定の内覧イベント「特別プレビュー」の申し込みを受け付けている。申し込み・参加は無料。

「ジブリの大博覧会~ジブリパーク、開園まであと1年。~」は2021年7月17日~9月23日 開催(64日間)開催時間10:00~18:00※金曜は20:00(入館は閉館30分前まで)

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加