16度目の皇后杯優勝へ、復活の点取り屋・ベレーザの小林里歌子が意気込み

16度目の皇后杯優勝へ、復活の点取り屋・ベレーザの小林里歌子が意気込み

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2023/01/25
No image

皇后杯決勝へ向け、JFAが各選手のショートメッセージを配信。24日には日テレ・東京ヴェルディベレーザのFW小林里歌子が意気込みを語った。

【動画】皇后杯決勝へ向けた小林里歌子からのメッセージ

第44回皇后杯決勝が28日にヨドコウ桜スタジアムで行われる。2大会ぶり16度目の優勝を目指す日テレ・東京ヴェルディベレーザと、6大会ぶり7度目の優勝を狙うINAC神戸レオネッサが相まみえる。

大会最多優勝回数を誇る東京NBは22日の準決勝でアルビレックス新潟レディースと対戦。開始直後の3分に藤野あおばがボックス右角付近からDF2枚の間を縫って入り、ボックス右から右足でネットを揺らすと、12分にも宇津木瑠美の好フィードから植木理子が抜け出し、同じような位置からネットを揺らした。

後半開始直後はメンバー交代とともに立ち位置を変えた新潟Lに押され、51分にオウンゴールで失点。さらには相手のシュートがクロスバーをたたくなど、流れを手放したかに見えたが、66分に北村菜々美のクロスをファーで植木が合わせて再び2点差に。そのまま逃げ切り、2大会ぶりの決勝進出を決めた。

JFAの公式ツイッターによる4日前カウントダウン動画には小林が登場。簡潔に「頑張ります!」と語っている。

名門・常盤木学園高校出身の小林は年代別の代表では輝きを放ち、将来を嘱望されていたが、前十字靱帯断裂などの度重なる大ケガに苦しんだ。復帰後はなでしこジャパンデビューを果たすも、2022年2月に左ヒザ内側半月板損傷で再びの離脱に。12月18日の天皇杯4回戦マイナビ仙台レディースで、待望の復帰後初ゴールをマークしていた。

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加