国学院大は延長十回、タイブレークでサヨナラ負け/全日本大学選手権

国学院大は延長十回、タイブレークでサヨナラ負け/全日本大学選手権

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/06/10

全日本大学野球選手権第4日(10日、準々決勝、福岡大2-1国学院大、神宮)大会初出場で初戦(2回戦)の富士大戦を4-2で制した国学院大は、タイブレークでサヨナラ負けして4強入りはならなかった。

国学院大は一回無死一、三塁で遊ゴロ併殺の間に先制したが、六回に追いつかれ、1-1のまま迎えた延長十回、無死一、二塁から始まるタイブレーク方式に入った。先攻の国学院大は得点できず。その裏の福岡大は1死二、三塁とし、1番・仲田慶介外野手(4年)の打球を遊撃手がとれず試合は決した。福岡大は初の4強入りを決めた。

No image

延長、タイブレークで試合に勝利し喜ぶ福岡大ナイン=神宮球場(撮影・加藤圭祐)

国学院大・鳥山泰孝監督は「先制したが、追加点を奪えなかった。国学院大の本来の土台である守備の乱れから失点したことは反省点。今後は、勝負どころをモノにしないと前へ進めない」と唇をかんだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加