野村周平、ドリフトシーンに大満足「納得いく画が撮れた」自己評価は100点満点

野村周平、ドリフトシーンに大満足「納得いく画が撮れた」自己評価は100点満点

  • SmartFLASH
  • 更新日:2022/01/14
No image

1月14日、映画『ALIVEHOON アライブフーン』製作発表がおこなわれ、俳優の野村周平、陣内孝則らが登壇した。

同作は、驚異的なゲームの才能をもつ男が、存続の危機にあるドリフトチームに所属し、レーサーとして活躍する物語。撮影では、“ドリフトキング” の異名をもつ元レーシングドライバー・土屋圭一が監修を務めている。

【関連記事:野村周平、広瀬すずにプロポーズ「お母さんにも会いに行った」】

主人公・大羽紘一を演じた野村は、「ドリフトはけっこう好きだった。ゲームではやったことがなかったので、そこが難しかった」と振り返る。

同作はCGなどの映像技術に頼らず、カースタントで撮影された。作品の出来栄えについて、「僕は車好きで、嘘をつきたくなかったから、真剣にやらせていただいた。ドリフトのシーンも手を抜かず、僕自身も納得いくような画が撮れたので、100点満点かなと思います」と語った。

大羽が加入するドリフトチームの代表を演じた陣内は、「最初は(主人公を)ゲーマーといって小馬鹿にするけど、彼のドライビングを見て、これは救世主になってくれるかも、と特訓しだす」と役柄を説明し、「『巨人の星』でいう星一徹のよう。たとえが古くてすみません、昭和なんで!」と笑っていた。

意外にも、陣内は車にあまり興味がないという。しかし、完成した作品について聞かれると、興奮美味にこう話した。

「『フォードvsフェラーリ』とか『ラッシュ』とか、悲しいくらいお金を使う映画を観てたんで、日本映画でどこまでできるのかと思っていたら『こっちの方がすごいじゃん!』と。

緊張感とか臨場感、スリル、スピード。ドリフトという競技を鮮やかに切り取っていた。世界に出してもおかしくない作品になってると思います」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加