ランチに出したらウケそう!“だしパック”を使ったおにぎりレシピ

ランチに出したらウケそう!“だしパック”を使ったおにぎりレシピ

  • CHANTO
  • 更新日:2020/11/21
No image

2018年にYouTubeで料理チャンネルを開設したお笑いコンビ・はんにゃの川島ofレジェンドさん。これまで数多くのレシピ動画をあげており、視聴者からは「とても参考になる!」といったコメントが寄せられています。

大葉の裏面で挟むのがコツ!

今年10月に公開したレシピ動画では、「川島流絶品焼きおにぎりの作り方」を紹介。まずはご飯(400g)、みじん切りにした大葉(4枚)、カツオ節(4g)、醤油(大さじ1)、だし(1パック)をボウルに入れて混ぜ合わせていきましょう。川島さんいわく“だしパックを入れると食物繊維が取れて味に深みが出る”とのこと。

下準備を終えたご飯で“おにぎり”を4つ作ったら、サラダ油(小さじ1)を引いたフライパンで約2分温めます。さらに反対の面も約2分加熱し、側面も焼き色をつけてください。最後は大葉(6枚)をおにぎりの両面に張りつけて、30秒ほど焼き上げれば完成。大葉の香りをより引き立たせるために、“裏面”でおにぎりを挟むのがポイントです。

>>NEXT 包丁いらずの「明太釜玉うどん」

うどんに材料を乗せるだけ!?

川島さんは他にも「だしパック」を活用した簡単レシピを紹介。11月7日にアップした「明太釜玉うどん」は、包丁を一切使わないであっという間に仕上げていました。

まず最初に、冷凍讃岐うどん(1玉)を電子レンジで表記時間通りに解凍していきます。うどんを温めている間、川島さんはキッチンの至る所に貼ってある“アイドルの写真”について説明。実は全て奥さんの好きなアイドルたちで、“毎日キッチンに立つのはしんどいから少しでもテンションを上げるために”とウォールキャビネットなどに飾っているそうです。ちょっとした工夫が料理時のモチベーションアップに繋がるのかもしれませんね。

解凍したうどんを器に盛ったら、あとは津乃鶴だし(半パック)、青ネギ(少々)、明太子(1房)、卵黄(1個)をトッピングするだけです。簡単にできあがった同レシピですが、実食した川島さんは「ん~、うまい! うまだしちゃんでございます」と大絶賛。食物繊維が豊富な“だしパック”の効果で、お通じも良くなりますよ。

>>NEXT リバウンドしない「だしパックダイエット」!

たった3カ月で-11kg!?

YouTubeで様々なだしパックの活用レシピを披露する川島さんですが、実はだしパックを使って“ダイエット”に成功していました。

だしパックにはかつお節、昆布、椎茸などが入っているため、川島さんは「食べてるだけでやせる効果を生む」とコメント。実際に3カ月の「だしパックダイエット」で約11kgも減量しただけでなく、その後もリバウンドする心配がないと言います。

同ダイエット法の大事なポイントは、“夜は炭水化物を控えめにして、だしの効いた食事をすること”。朝と昼は好きな物を食べれる上に、だしパックでおいしい料理も作れるのでムリなくやせられるかもしれません。

おいしいレシピやダイエット方法など、タメになる情報を発信し続ける川島さんの動画に今後も注目していきたいですね。

関連記事:EXIT・りんたろー。さんも推す「冷凍焼きおにぎり」の絶品レシピ

文/長谷部ひとみ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加