駐アフガン大使がタリバンと初会談 日本人らの安全確保求める

駐アフガン大使がタリバンと初会談 日本人らの安全確保求める

  • FNNプライムオンライン
  • 更新日:2021/11/25
No image

イスラム原理主義勢力・タリバンが実権を掌握したアフガニスタンの首都カブールで、日本の大使がタリバン幹部らと初めて会談した。

外務省によると、岡田駐アフガニスタン大使が、21日から24日にカブールを訪問し、バラダル副首相らタリバン幹部と相次いで会談した。

大使は、日本人や現地職員らの安全確保と、希望者の出国の実現について働きかけるとともに、女性や少数民族の人権の尊重、多様な民族を含む政治体制の構築などを求めた。

また、国際機関を通じた日本の人道支援について説明したのに対し、タリバン側は、関係者の安全を確保する姿勢を示したという。

一方、松野官房長官は25日午前、「会談で、大使館の再開が話題にのぼったが、現時点で具体的な予定はない」と述べた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加