福士蒼汰、キャンパスライフに憧れ。主演ドラマで「テンションが上がりました」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/09/16

俳優、福士蒼汰(27)が16日、東京都内で行われたフジテレビ系主演ドラマ「DIVER-特殊潜入班-」(22日スタート、火曜後9・0)の取材会に出席した。

人気漫画「DIVER-組対潜入班-」を原作に、窃盗や暴力事件の常習犯だった主人公・黒沢兵悟(福士)が警察の潜入捜査官チーム(D班)の一員として活躍するストーリー。悪を駆逐するために手段を選ばないキャラで、福士が初のダークヒーローに挑戦する。

物語にちなんで潜入したいところを聞かれた福士は、劇中で潜入捜査する設定となった大学と告白。「大学に行ってなかったので、若い男女がキャンパスにいるってだけで、テンションが上がりました。皆さんエキストラさんで、お仕事で来ていたんですけど。こういう生活もいいなと」とキャンパスライフへのあこがれを語った。

共演の安藤政信(45)はD班の指揮を執る役どころのため大学ロケには参加できず。「『DIVER』は男臭い現場。俺も潜入したかったなと思います」とうらやましがっていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加