松浦亜弥、13年ぶりに新曲をリリース ”復活”の裏で受けていた「ラブコール」

松浦亜弥、13年ぶりに新曲をリリース ”復活”の裏で受けていた「ラブコール」

  • Sirabee
  • 更新日:2022/11/25
No image

25日、歌手の松浦亜弥が新曲『Addicted』をデジタルでリリースした。2009年の『チョコレート魂』以来、13年ぶりの楽曲となる。

表舞台から姿を消していた松浦が”復帰”したのには、「ある理由」が…。

【関連】妻の新曲の”プロモーション”をする橘

■13年に音楽活動休止

松浦は2000年に芸能界入りし、01年にリリースした『LOVE涙色』でブレイクを果たす。その後も、『♡桃色片想い♡』や『Yeah! めっちゃホリディ』など大ヒット曲を連発。

「あやや」の愛称で親しまれ、高い歌唱力と明るくポップな曲でたくさんの人を元気づけた。だが、13年にw-inds.の橘慶太と結婚して以降、無期限活動休止に。

その後、3人の子供が生まれたこともあって表舞台から遠ざかっていたが、今年4月には「ネスカフェ エクセラ」のテレビCMに出演し話題になった。

関連記事:高須院長、Avex松浦勝人氏とにっこりツーショット 「何やってほしい?」

■ネット上では絶賛の声

新曲『Addicted』は夫の橘が楽曲やビジュアル、ビデオなどすべてのプロデュースを手がけた。10月には、橘が自身のツイッターで「うちの奥さんSNS全くやらないので(笑)僕が毎回代わりに告知や配信するしかなくてFanの皆様申し訳ないです!」と松浦に代わって”宣伝”。

「本当に素晴らしい歌声なので是非楽しみにしていてください!」とファンに呼びかけていた。まさに、夫婦二人三脚で生まれた曲なのだ。

ネット上では、「やっぱり歌唱力おばけ…愛してる」「大人あややな曲で最高」「あややの歌声変わってない。癒される」「慶太くんとあややの 最強夫婦、そりゃ最強の楽曲になるわ」など、松浦の新曲を絶賛する声が多数あがっている。

■誰よりも復帰を望んでいるのは…

活動休止以降、子育てに専念してきた松浦。ネット上では復帰を待ちわびる声が多かったが、誰よりも「カムバック」を望んでいた人がいた。

あるレコード会社関係者が語る。「橘さんは夫であると同時に、”あややファン”でもありました。彼女が活動休止してからも、冗談交じりに『俺より歌上手いんだから』と話していたそうですから(笑)。自ら楽曲のプロデュースをしたのも、一人でも多くの人に奥さんの歌を聞いてほしいという思いがあったのではないでしょうか」(レコード会社関係者)。

■気になるライブ開催は…?

夫の”ラブコール”に動かされ、松浦もマイクを持つことにしたのかもしれない。久しぶりに曲を出したとなると、ライブの開催にも期待してしまうが…。

「3人のお子さんがいることも考えると、今すぐ大々的にライブをやるのは難しいかもしれません。ただ、橘さんは子育ても積極的に手伝っているそうですし、仕事もしっかりサポートしてくれます。今回のようにデジタルリリースのような形で曲を出すなど、無理のない範囲で歌手活動をしていくかもしれませんね」(前出・レコード会社関係者)。

ステージでたくさんのファンを笑顔にさせる「ホリディ」が訪れる日もそう遠くない!?

■妻に代わって新曲を”告知”

曲作りを始めてほんの数年の時に
2人で遊びで作った楽曲。
気に入って6年間聴き続けていますが
今でも新鮮で良いと思える楽曲。
実は一緒の時期に制作した
w-inds. ‘We Don’t Need To Talk Anymore’の女性目線の曲です!
切なくも力強い素敵な歌声をお楽しみ下さい! https://t.co/o9rTUKkya4
— Keita Tachibana (w-inds.) (@Official_Keita)
November 24, 2022
from Twitter

(取材・文/Sirabee 編集部・斎藤聡人)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加