菅田将暉、“母“原田美枝子の過去のヒミツをひもとく

菅田将暉、“母“原田美枝子の過去のヒミツをひもとく

  • MOVIE Collection
  • 更新日:2022/06/23
No image

(C)2022「百花」製作委員会

原田美枝子と菅田将暉W主演『百花』ポスタービジュアルと新場面写真

記憶を失っていく母(原田美枝子)と向き合うことで、母との思い出を蘇らせていく息子(菅田将暉)の物語『百花』が、9月9日に公開される。このたび、本ポスタービジュアルと新場面写真が公開された。

ポスタービジュアルに写るのは、泉(菅田)、百合子(原田)、泉の妻・香織(長澤)の姿。違う方向に視線を送る3人それぞれの見据える先には何があるのか──?

親子として、夫婦として、愛が紡がれていく感動の物語を予感させるポスタービジュアルとなっている。

さらに、新たに場面写真8点も公開された。

雨に打たれながら母を探す泉の姿、ピアノを奏でる百合子の姿、仲睦まじく花を手に取る夫婦の姿、そして百合子の過去に深く関わる男・浅葉洋平(永瀬正敏)の姿など、印象的なシーンを集めている。

・その他の場面写真はコチラ!

記憶を失っていく母、そして呼び覚まそうとする秘密

本作品は、記憶を失っていく母と、母との思い出を蘇らせていく息子の物語。

葛西泉(菅田)は、レコード会社に勤務し、社内結婚をしてまもなく子どもが生まれようとしている日常から一変。突然、母・百合子が不可解な言葉を発するようになる。 「半分の花火が見たい……」 それは、母が息子を忘れていく日々の始まりだった。

女手一つで育ててきた息子とある事件をきっかけにすれ違うようになってしまった百合子(原田)。記憶を失っていくなか、思い出の奥底にある「秘密」に手を伸ばそうとする。

そしてある日、泉は百合子の部屋で一冊の「日記」を見つけてしまう。 そこに綴られていたのは、泉が知らなかった母の「秘密」。あの「事件」の真相だった。

2人が「半分の花火」を目にして、その「謎」が解けたとき、息子は母の本当の愛を知ることとなる──。

『百花』は、9月9日より全国公開される。

ムビコレ編集者

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加