あまりに悔しい2着 萩原聖人、オーラスで逆転喫し逃げ切り失敗 終了直後に頭を抱える「タイミングが噛み合わなかった」/麻雀・Mリーグ

あまりに悔しい2着 萩原聖人、オーラスで逆転喫し逃げ切り失敗 終了直後に頭を抱える「タイミングが噛み合わなかった」/麻雀・Mリーグ

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2023/01/25
No image

すんでのところで、勝利を逃した。1月24日、プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の第2試合では、TEAM雷電の萩原聖人(連盟)がオーラスで捲られて2着。試合後のインタビューで悔しさを滲ませた。前回登板時、萩原は放銃ゼロながらも箱下4着。好調だったチームも下降気味で、第1試合ではリーグ唯一の2ケタ勝者でポイントゲッターの本田朋広(連盟)も箱下4着と大幅マイナスを食らった。

【映像】オーラスで逆転され頭を抱える萩原聖人

「チームが下がってきたところを止めたい」。強い気持ちで臨んだ当試合は、起家からU-NEXT Pirates・鈴木優(最高位戦)、赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦)、萩原、セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦)の並びで開始。萩原は南1局で白・中・混一色・ドラ2の跳満・1万2000点、南2局で平和のみの1000点、親番の南3局でリーチ・ツモ・平和の3900点と3連続でアガり、持ち点4万1800点でトップ目へ立った。だが、南3局1本場では2着目の鈴木優が5200点(+300点、供託1000点)をツモ。その差は5500点まで迫られた。

南4局0本場は、配牌に恵まれながらも攻めきれずに流局。南4局1本場では「切らないでアガリに向かう手がなかった」と河に捨てた南を鈴木優に鳴かれると、そのまま手を進めた鈴木優にダブ南・赤の4000点(+300点、供託1000点)をツモられて逆転トップを許した。その瞬間、堪らず頭を抱えた萩原は、試合後のインタビューで「タイミングが噛み合わなかった」とコメント。南4局0本場で「勝負できなかったことが情けない」とし、「選ぶ牌がダメだった」と猛省した。「チームの状態が悪いんで、なんとか頑張りたかったんですけど、悔しいです」。チームは5位ながらも、ポイントはマイナス。この悔しさを、チームリーダーは次試合にぶつける。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加