古橋が公式戦通算20得点、前田が3アシストでセルティックがシーズン最終戦に6―0で大勝

古橋が公式戦通算20得点、前田が3アシストでセルティックがシーズン最終戦に6―0で大勝

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/05/15

スコットランド・プレミアリーグで優勝を決めているセルティックのFW古橋亨梧(27)が14日、ホームで行われたマザーウェルとの最終戦で2得点を挙げ、公式戦通算20得点(リーグ戦12得点)として1年目のシーズンを締めくくった。前半21分の右CKでこぼれ球を拾い、ゴールに背を向けた状態から振り向きざまに右足で先制点。2―0の同44分には右後方からの難しい浮き球パスに右足を合わせるボレー弾でリードを広げ、後半17分まで出場して6―0の勝利に貢献した。

No image

マザーウェル戦の前半、ゴールを決めて喜ぶセルティックの古橋(ロイター)

古橋亨梧ってどんな人?略歴、トリビアも!

フル出場したFW前田大然(24)も3アシストと活躍。後半17分から出場したMF井手口陽介(25)、ベンチを外れたMF旗手怜央(24)を加えた日本人カルテットは試合後に行われた優勝セレモニーで、6万人の地元ファンと喜びを分かち合った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加