井岡一翔、国内初2階級で2団体王座統一へ 12・31アンカハスと統一戦

井岡一翔、国内初2階級で2団体王座統一へ 12・31アンカハスと統一戦

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/11/26
No image

WBO・IBF世界スーパーフライ級王座統一戦の会見を行うWBO世界スーパーフライ級王者井岡一翔(撮影・中島郁夫)

ボクシングWBO世界スーパーフライ級王者井岡一翔(32=志成)が12月31日、東京・大田区総合体育館でIBF世界同級王者ジェルウィン・アンカハス(29=フィリピン)との2団体王座統一戦に臨むことが25日、発表された。

井岡にとってWBC世界ミニマム級王者だった12年6月、当時のWBA世界同級王者八重樫東と臨んで以来2度目の統一戦。2階級で2団体統一となれば国内初となる。

同日には東京・赤坂で記者会見した井岡は「(2階級で2団体統一のチャンスは)考えれば考えるほどすごいことだなと思います。そういう試合ができるチャンスは数多くない。そういうチャンスを感謝して戦いたいと思います。統一戦はいろんな価値だったり、評価だったりがある。違った景色を見たような感覚がありますね。別格なものがあると思います」と気持ちを引き締めた。

今年9月、指名試合となったフランシスコ・ロドリゲスJr.(メキシコ)を下して以来、約4カ月ぶりの4度目防衛戦となる。「自分がずっと望んでいた統一戦。大みそかに追い求めてきた統一戦ができるのがうれしく思います」と笑顔もみせた井岡は「彼はこの階級で防衛して強さを証明している。その選手とできること、アンカハス選手とできなければ統一戦は無理だと思っていた。実現できたのはびっくりしたし、『来たな』という気持ち」と気合を入れ直した。

井岡との王座統一戦が10度目の防衛戦となるアンカハスは過去には帝里木下、船井龍一と日本ジム所属選手を下してきたV9王者。区切りの10度目の大みそか世界戦に対抗王者を迎える井岡は「めちゃくちゃ強い。いざ決まって映像をみるとこんなに強いんだと。この階級で長年王者だったことが分かる。(ボクシング)人生でもっとも強い相手になる」と警戒した。

現在の世界スーパーフライ級戦線は、ファン・フランシスコ・エストラーダ(31=メキシコ)がWBA、WBC王座を保持。井岡がアンカハスを下し、WBO、IBF王者になれば、2王者が2本ずつのベルトをまとめることになる。井岡は「大みそかに僕が勝ってIBFも取ると2人の選手が2つのベルトを持つことになる。それでエストラーダ選手にオファーしたいと思う。(4団体統一が)ぐっと現実味が増すのではないかと思う」との青写真も描いていた。

◆年内の日本人世界戦 IBF世界スーパーフェザー級3位尾川堅一(帝拳)が27日(日本時間28日)、米ニューヨークで臨む王座決定戦を皮切りに、年内は世界戦ラッシュ。12月14日、東京・両国国技館で、WBAスーパー、IBF世界バンタム級王者井上尚弥(大橋)が防衛戦、セミではWBO世界ミニマム級1位谷口将隆(ワタナベ)が同級王者メンデス(プエルトリコ)に挑戦する。同29日は、さいたまスーパーアリーナでWBA世界ミドル級スーパー王者村田諒太(帝拳)がIBF王者ゴロフキン(カザフスタン)と王座統一戦、セミでWBO世界フライ級王者中谷潤人(M.T)がV2戦に臨む。同31日、井岡が大トリで王座統一戦を迎える。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加